漁港機能保全システム
漁港機能保全システムの
ご紹介


海岸総合管理GIS
 海岸管理者が海岸の管理を行うためのGISシステムです。
海岸管理GISでは、海岸管理の基本となる海岸保全区域・一般公共海岸区域台帳と、GISを用いた海岸保全区域デジタルマップを連携させ、各種指定区域や海岸保全施設など、海岸に関する様々な情報を一元管理することで、管理業務の効率化を図ります。
 また、事業データ、各種調査データ、空中写真・衛星画像などの既存データを入力することで、海岸保全施設のアセットマネジメントや総合土砂管理など、幅広い分野での活用や事業計画の際の意思決定支援や、災害時の迅速な対応、施設統計、情報公開など幅広い活用が可能となります。



漁場管理GIS
 漁業権区域を中心とした、漁場管理のためのGISシステムです。
各種指定範囲、魚礁等の各種施設、調査データなど、海域利用に係わる情報をGISにより一元管理します。
 入力情報は位置情報によって管理され、表示、検索、編集、計測、出力等の機能により、日常業務の効率化を図ります。



藻場管理GIS
 CO2の吸収や固定で注目されている藻場を対象としたGISデータベースシステムです。
 これまで、藻場の分布に関しては潜水調査が一般的であったことから、リアルタイムに広域的な分布情報を得ることは困難でしたが、近年、水中音響計測、航空写真・衛星画像解析等の調査手法が確立しつつあり、今後はリアルタイムに近い藻場分布状況や、季節による藻場の消長を把握することで、詳細な藻場データベースの構築が可能となります。
 これら藻場の分布をGIS上に入力して位置情報と共に管理し、航空写真や衛星画像などの情報と合わせて一元管理を行うことで、効果的なデータベースの構築を実現します。







 あらゆる情報について、ご要望に応じたデータベースシステムの開発・構築をお手伝いします。





 ASP(Application Service Provider)は、Webサーバ上で各種のアプリケーションソフトを実行するためのサービスです。
 弊社では、WebGISやデータベースを始めとする各種のASPシステムについて、開発・構築をお手伝いします。





 各種のオンラインショップについて、企画、制作から運営のサポートを行います。





 3次元CADの導入や3次元レーザースキャナ/プロファイラーなどの最新技術の導入やシステムのカスタマイズのお手伝いを行っております。





 リモートセンシングの特徴である広域性、均質性、周期性、継続性を活用し、空中写真、衛星データから各種基盤データの構築をお手伝いします。





 2次元バーコードおよびICチップ等のRFIDを活用した水産物トレーサビリティシステムの構築および生産・流通履歴の開示システムの構築・運営をサポートいたします。